防水工事について

株式会社ハイエスト >> 防水工事について

防水工事について

  • 自社にてすべての工法が施工可能
  • 防水一級施工技能士が施工担当
  • アーキヤマデ準会員
  • 施工材はすべて一流メーカーのものを使用

ハイエストは創業以来、様々な防水工事の施工をおこなってきた、防水工事のスペシャリストです。
お客様からの多種多様な施工方法でのご依頼にお応えしてきました。
自社にてすべての工法が対応可能ですので、お客様からのどのようなご要望にも対応致します。
また、最適な工法のご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

防水工事(工法紹介)

塩ビシート防水

密着工法
密着工法

塩化ビニル樹脂をはじめとする材料で補強繊維を積層し、塩ビシートとして成型し、その塩ビシートを接着剤で下地に固定する工法です。
塩ビシートと下地を溶融し一体化でき、工期が短く、意匠性に優れています。
また、軽歩行が可能、大掛かりな施工器具を必要としないなどのメリットが挙げられます。

機械固定工法 10年保証
機械固定工法

塩化ビニル樹脂をはじめとする材料で補強繊維を積層し、塩ビシートとして成型し、 その塩ビシートを塩ビ銅板とビスで躯体に固定する工法です。
塩ビシートと下地を溶融し一体化でき、工期が短く、意匠性に優れています。
改修工事では下地の補修費が軽減できる、断熱仕様が可能などのメリットがありますが、 施工時に振動・騒音を発する、躯体に強度が求められる、歩行に適さないなどの特徴も挙げられます。


アスファルト防水

熱工法
熱工法

アスファルトルーフィングやストレッチルーフィングを溶融釜で溶融し、
それを接着剤として改質アスファルトルーフィングを張り合わせて防水層を作る工法です。
日本では最古の防水工法であり、多くの建物で採用されています。

冷工法 10年保証
冷工法

ゴムアスファルト粘着層をコーティングした改質アスファルトシートを張り重ね、積層していく工法です。
下地亀裂への追従性に優れ、勾配のある屋根の下葺材や地下外壁防水などでも広く採用されています。
臭いや煙の発生が抑えられ、大掛かりな施工機器を必要としないため、建物が密集した地域や狭小地、改修工事などで採用されています。


絶縁工法
絶縁工法

下地と防水材の間に改質アスファルトシートを施工し、防水層を下地に密着させない工法です。
穴あきルーフィングを用いることで、下地亀裂追従性と通気性を確保しています。
長期にわたり防水層が長持ちしますが、歩行にはあまり適していません。
既存の防水層にかぶせて施工できることから、コストが削減でき、多くの改修工事に採用されています。


ウレタン防水

密着工法
密着工法

ウレタン防水材と補強布を積層し、所定の厚さに仕上げる工法です。
防水層と下地を完全に密着させる工法で、コストパフォーマンスが高く、工期を短くすることが可能です。
重歩行が可能なので、屋上や廊下、ベランダ、バルコニーなど、あらゆる場所に施工が可能です。

通気緩衝工法 10年保証
通気緩衝工法

通気性の高い通気緩衝シートを張り、その上からウレタン防水材を施工する工法です。
非地着層部分が通気溝となり、併設する脱気筒から蒸気を逃がします。
通気性を高くすることで、膨れや下地の挙動を防止し、防水層を守ります。
重歩行が可能なので、屋上や廊下、ベランダ、バルコニーなど、あらゆる場所に施工が可能です。


ハイエストでは、最高の施工品質の証として、すべての工法、すべての施工において、最低5年の防水保証をお付けしています。万が一、施工で気になる点があった場合には、遠慮なくご連絡ください。
当社の施工不備によるものは保証期間内であれば、無償で施工致します。

防水工事(機材紹介)

溶融釜
溶融釜

アスファルト防水工事において、固形のアスファルトを溶融する際使用します。

誘導加熱装置
誘導加熱装置

アーキヤマデのリベットルーフ工法において、下地へ固定したIHディスクにリベットルーフを接合する際に用いられます。


はつり機
はつり機

マンション等の共用部分に施工されている、長尺シートなどをはがす際に活躍します。

高圧洗浄機
高圧洗浄機

外壁や擁壁の汚れを、高圧の水を噴射することで落とす機械です。


PAGE TOP